「よくあるご質問」にお答えいたします

「小児矯正Q&A」子どもの矯正治療は、何歳くらいから始めればいいですか?

治療をはじめるタイミングは、歯並びによって違います。
早い治療が望ましい症例は3~6歳から、その他は6~10歳くらいまでと様々です。
小児矯正は、上下の顎の骨のバランスや大きさを整えて、永久歯がきちんと生える準備をする治療です。
主に、乳歯の頃、あるいは乳歯から永久歯に生えかわる混合歯列期に行います。
まずは、当院までお気軽にご相談ください。

「小児矯正Q&A」歯医者さんには、どんな時に相談に行けばいいですか?

5歳を過ぎて、お子さまの歯並びや顎の成長で気になることがあれば、ご相談ください。
永久歯に生えかわり始めた時期にも、一度ご相談いただけるとよいと思います。
まずは、次項「歯並びが悪い」ってどういう症状のこと?をチェックしてみましょう。

「小児矯正Q&A」「歯並びが悪い」ってどういう症状のこと?

乳歯が生え始めて、成長とともに歯が生えそろってきます。
歯並びが悪いとはどういうことか考えてみましょう。
歯の間に隙間が無い、歯並びのアーチがきれいであるなど、見た目の部分で判断も出来ます。
しかし、歯並びが悪くなると一口に言っても症状は様々です。
キレイなアーチでも上下の歯がうまくかみ合わない、または出っ歯であるなど…
ここで、歯並びが悪いとされる症状を幾つか上げてみましょう。

歯がくい違って生えている…叢生(そうせい)
前歯が互い違いにガタガタに並んでいたりするケースです。
これはアゴの骨の大きさと歯の大きさのバランスが取れていないことにより起こることが多く、
言い換えれば小さなアゴと大きな歯の組み合わせによって起こるものです。

下の歯が前歯で深く隠れてしまう…過蓋咬合(かがいこうごう)
奥歯で噛むと、下の前歯がほとんど見えなくなるくらい閉じてしまうケースです。
これを放置しておくと、やがて下の前歯が上の前歯の裏側の歯肉に食い込むようになり、
歯肉を傷めるだけでなく、上の前歯が押されて出っ歯になる可能性もあります。
このケースは、難症例になりますので大学等の矯正科にお願いすることがあります。

前歯がかみ合わない…開咬(かいこう)
奥歯をかみ合わせても、前歯がかみ合わないケースをいいます。
前歯でうまく食べ物がかみ切れなかったり、うまく発音できないといった問題が起きます。

下あごが前に出ている受け口…反対咬合(はんたいこうごう)
受け口ともいわれ、下の歯あるいは下アゴが前に出て、咬み合わせが逆になっているケースです。
歯だけに問題があるタイプとアゴの骨に問題があるタイプがあります。
また、身長が伸びる時期を控えている子供は年齢と共に反対咬合が悪化することがあります。

上顎の前歯が出ている出っ歯…上顎前突(じょうがくぜんとつ)
出っ歯の中には、上アゴの前歯が前に飛び出ているタイプと、
下アゴが小さくて後ろに下がっていることにより、出っ歯に見えるタイプがあります。

口元が外に出て唇が閉じづらい…上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
イーラインより口元が外に出ているケースです。
この症状の人は、唇が閉じづらい状態であることが多く見られます。

歯の間に隙間ができているすきっ歯…正中離開(せいちゅうりかい)
常に息が抜ける事から、特にサ行やタ行の発音が不明瞭となることが多く、
言葉が聞き取りにくいと言われて悩むお子さんも少なくありません。

「歯並びが悪い」と言われる代表的なケースを見てきました。
子供の時というのは歯が生えるとともに、アゴも成長していきます。
したがって、いずれ永久歯が生えることを考え、お口の中を整えてあげることが必要です。

「小児矯正Q&A」矯正装置は大人と同じですか?また、抜歯はしますか?

小児矯正のメリットは、大人が矯正するよりも、抜歯をしないで治療できる可能性が広がり、
治療後に再び歯並びが乱れる「後戻り」を最小限に抑えられることです。
装置は、顎を広げる「拡大装置」や上顎の成長を抑える取り外し式の「ヘッドギア」など様々。
大人の矯正と同様に歯の表面に接着する「ブラケット」・「ワイヤー」を使うこともあります。
お子さんのアゴの成長の状態や歯並びによって治療法も装置も変わりますので、
詳しくは、担当医にご相談ください。

「小児矯正Q&A」子どもの矯正の治療期間はどのくらいですか?

小児矯正には、第一期治療と第二期治療があり、顎の成長や歯並びによって治療法が分かれます。
このため、治療計画によって治療期間は変わってきます。

第一期治療
乳歯と永久歯がまざった時期に、永顎の成長やバランスをコントロールする治療です。
歯並びによりますが、6~10歳くらいに治療を開始して、治療期間は10ヵ月~1年半が目安です。

第二期治療
永久歯が生えそろったあとに行う治療です。
中学生頃から1年半~2年判ほどかけて、ブラケットとワイヤーをつける歯列矯正を行います。

また、第一期治療後、永久歯が生えそろって第二期治療をはじめるまで、数年待つ場合もあります。
小児矯正は、大人の矯正と違って、成長に合わせてゆっくりと行っていきます。

「小児矯正Q&A」 治療の進め方を教えてください。

初診時
まず、ご両親・お子さまのお悩みをカウンセリングで確認します。
次に、口腔内検診専門の歯科衛生士によるクリーニングと口腔内審査を行います。
その上で、矯正治療の症例などを交え、お口の中の状態をご説明いたします。
最後に費用の概算をご案内しますので、治療を受けるかどうかご自宅で検討してみてください。

2回目のご来院
当院設置のセファロ撮影・レントゲン撮影、口腔内審査を行います。
その後、模型・レントゲン・デジタル写真を見ながら、カウンセリングルームにて具体的な費用をご説明します。

3回目のご来院
矯正器具をセットして、注意事項をご説明します。
2週間後に最初のチェック、その後、1~2ヶ月に一度ご来院いただきます。
※治療内容や治療期間は個人差があります。詳しくは矯正歯科のページをご覧ください 。

「小児矯正Q&A」 親子で一緒にカウンセリングを受けられますか?

はい、大丈夫です。
当院では、できるだけ親子一緒にカウンセリングを受けていただくようお願いしています。
お子さまが緊張してしまって、その場ではお話しできなかったこともあるかもしれませんので、できればすぐに決めずに、一度ご自宅へお帰りになり、親子で話し合ってみてください。
もし不安な事や疑問があるときは、なんでもご質問ください。
また、矯正治療は長い期間通院する必要がありますので、無理なく通える歯科医院を推奨します。
遠方の患者様は基本的にはお断り致しておりますので、ご了承ください。

「小児矯正Q&A」子どもの頃に、一度矯正すれば歯並びが悪くなることはないの?

個人差はありますが、小児矯正は早期に始めると、より後戻りしにくいと言われています。
小児矯正は、長期間かかってはしまうものの、歯が元の形に戻ろうと動くことが少ないのです。
しかし、もちろん絶対に後戻りしないというわけではありません。
治療後歯が安定するまで、「リテーナー」という装置をつける必要もあります。
そして、治療後も専門の歯科衛生士による定期的なチェックを受けることが大切です。

「小児矯正Q&A」矯正中に食べてはいけないものはありますか?

基本的に食べてはいけない物はありません。
矯正を始めたばかりの時は、物を噛むと多少の痛みが出るので、柔らかい食事にしてあげてください。
なお、硬い食べ物(ピーナッツなど)は、矯正装置が外れたり、破損する場合があります。
また、ネバネバした食べ物(おもち・ガムなど)は装置が外れたりする原因になります。
食べさせる場合は、小さくする等の工夫をしてあげてください。

「小児矯正Q&A」装置が壊れてしまったり外れたりしたら、どうすればいいですか?

もし、装置が壊れたり外れたりしたら、必ず当院へお越しください。
無理に着けたり治したりすると、口内を傷つけたり歯に悪い影響を与えますので絶対にやめましょう。