予防歯科

予防歯科

定期的なメンテナンスで「いつまでも健康な歯」をめざしましょう!

「痛くなったら歯科医院に行く」今までは当たり前だったかもしれませんが、この繰り返しだけでは、お口の中の健康を守ることができないことはご存知でしょうか。大切なことはお口の中の健康を守り、「歯を失わずに、健康的に生きていくこと」です。

歯を失う90%の原因は、歯の二代疾患であるむし歯と歯周病です。その虫歯や歯周病の原因はプラークと呼ばれる細菌の塊です。プラークは歯の表面に「バイオフィルム」という膜をつくりますが、これはご自身で除去するのはなかなかできません。
口腔内の環境が変わらないまま、「歯が痛くなったら歯科医院に行く」を繰り返しているだけでは何も変わりません。
定期的なメンテナンスで「いつまでも健康な歯」を目指しましょう。

ホームケアとプロケア
お口を健康に保つためには、ご家庭でのホームケアと歯科医院で行うプロケアと両立させることが必要です。
ホームケア
バイオフィルムがホームケアで除去しきれないといっても、バイオフィルム形成を予防するためには、やはり日々のホームケアが基本となります。また、正しい食生活と規律正しい生活など基本的なことが重要となってきます。簡単なようですが、本人が自覚をもって取り組まないとむずかしくなります。
ホームケアでできること
●正しい歯磨き
●デンタルフロスの利用
●マウスウォッシュで口腔内を洗浄すること
●フッ素配合の歯磨き粉で歯質強化を図ること
●規則正しい食生活
プロケア
プロフェッショナルケアでの重要な点としては定期的な検診とPMTCなどの処置によるリスク管理になります。虫歯リスクの判定やブラッシングの指導など、一人ひとりに合った適切な指導を受ければ、長期にわたって健康な歯を維持することが可能となります。

◆PMTC
→Professional Mechanical Tooth Cleaningといって、歯科医師や歯科衛生士による専用の器具を使ってご家庭での歯磨きでは落としきれない汚れ(バイオフィルム)を落とします。 PMTCは歯の病気を予防し、着色や口臭をなくすため、健康な口腔内の維持に効果的です。
◆歯列がしっかりと均等に磨けるための歯磨き指導
◆歯間ブラシなど歯磨き専用器具の使用方法など指導
◆正常な噛み合わせを維持させるためのチェックと調整
◆人工的に制作して装着した歯の適合状態のチェック
◆栄養指導・その他生活環境に応じた口腔衛生相談

医療先進国アメリカの内科医は、内臓疾患を診る前に歯周病をチェックしてから治療に入るそうです。
また外科医は、心臓手術をひかえた患者さまに歯周病の治療を受けるよう指示することもあります。
私たちも、歯科衛生のプロフェッショナルとして、患者さまの全身の健康をお口の中から見直してまいります。