心温まるお話です。

マキマキです。

ある日のお昼休み。
その時は、突然やってきました。

乳歯の頃からの常連さん(笑)、Fちゃん。
検診や虫歯の治療、矯正治療などで、ずっとお付き合いがありました。

 

 

Fちゃんが小学生の頃、職業体験でウチの医院を選んでいただきました。
ちっちゃくて、可愛い白衣姿のFちゃんのことを昨日のことのように思い出します。
一生懸命、メモをとっていた様子も、よく覚えています。

そんなFちゃん、
お手紙とお菓子を手に、挨拶にきてくれました。

 

 

ご結婚して、伊豆に引っ越しされるそうで、
その前に、私たちに会いにきてくれたんです。

何と言ったら良いか、どう表現したら良いのか…。
上手く文字にすることができません。
とにかく、ジーンと(私の小さな 笑)胸に響きました。

 

Fちゃんの許可を得て、載せさせていただきます。

少々読みづらいですが、柴垣歯科医院への感謝の気持ちと、愛着心が綴られていました。

 

その後の、柴ちゃんとのやりとりもどうぞ。

この日のお礼と、「伊豆にいらした際にはお声がけください」と書かれていてます。

 

 

こんな風に、患者さまと繋がり続けていられることに、
再び(小さな)胸が熱くなりました。

 

「柴垣歯科医院」という場所が、繋げてくれた、
これからも繋がり続けてゆく場所なんだと、改めて思いました。

私たちにとって、大切にし続けなければいけない場所です。

 

 

マキマキでした。

関連記事

  1. スイカをたべる。

  2. 「2014年(公社)日本歯科先端技術研究所 学術書講演会・市…

  3. 盗み撮り。

  4. 4月4日。

  5. ミセスゴーヤたち。

  6. 春爛漫。

最近の記事

アーカイブ